インテリア家具を選ぶまえに押さえておきたい基本知識や上手な選び方について

上手なインテリア家具の選び方

2018年02月17日 18時48分

ここまでは、インテリア家具を選ぶまえに押さえておきたい基本知識として「カラーバリエーション」「インテリアの配置場所」に関するポイントをまとめてきました。
続いては、これらの基本知識をもとに『上手なインテリア家具の選び方』についていくつかご紹介します。
 
⑴部屋の間取りを確認しておく
家や部屋の「間取り図」を用意しておくことで、どういったデザインで、どのような大きさのインテリアを選ぶべきかが具体的にイメージしやすくなります。また、より快適な空間を演出するためには、選んだ家具をどのように配置するべきかを考える必要があるため、そういった時こそ間取り図があると便利です。
                                          
⑵テーマを決めてから選ぶ
あれもこれもと選んでいると、実際にインテリアや家具を部屋に配置したときに統一感がなく落ち着きのない空間になってしまいます。そのため、インテリア家具をいくつか新調する場合には、「テーマを決めてから選ぶ」ことが大事です。
すでにあるインテリアや家具に、追加で何かを購入するときには「家具の色調を統一する」、「全体的な雰囲気に合った家具を選ぶ」といったポイントをもとにその部屋に合ったインテリア家具を選ぶようにします。
 
⑶搬入経路をよく確認!
せっかく気に入ったインテリア家具を見つけたのに、「玄関のドアが狭くて入らない」、「エレベーターに乗らない」…といった失敗をしてしまう方が多いようです。
間取りには十分気を付けていても、搬入経路に関しては案外盲点になりやすいので注意が必要です。大きめのインテリアや家具を購入したために、大掛かりな搬入作業が必要になる場合もあるため、事前に搬入経路の場所やサイズなどをよく確認しておくようにしましょう。
 
⑷予算を決めておくことも大事なポイント
失敗しないインテリア家具選びをするためには、間取りの確認やテーマ決め、そして搬入経路の確認といったポイントが重要になりますが、それと同時に大事になるのがインテリア家具に充てられる「予算」に関することです。予算を決めておけば余計な買い物をするリスクを抑えられますし、いくつかの家具で迷ってしまったときにも、購入するべきか否といった判断がしやすくなります。
 

ノベルティからプチギフトまで取り扱う《e-novelty》では、「インテリア家具」や「小物」など、ちょっとオシャレな鍵や小物の取扱いを始めました!一般のお客さまから業務用の家具インテリアまで、きっと欲しかった家具を当店で見つけていただけるはずです。たくさんのインテリアや家具をご用意しておりますので、不明な点や気になることがあればぜひお気軽に当店までお問い合わせください。